編成変更/カットについて

メールで選曲相談!
  • バンドジャーナル
  • 編成変更/カットについて
  • FAXでのご注文はこちら
  • 製品添付譜ダウンロード(無料)
  • 電子オルガンで演奏される方へ

【アンサンブル楽譜 金管8重奏】ラプソディ・イン・ブルー

在庫
在庫あり
商品コード
NAE-ER168
JANコード
4995751818843
メーカー
イトーミュージック
¥3,888(税込)
税抜 ¥3,600
数量
-+
♪詳細情報♪
名曲「ラプソディ・イン・ブルー」が金管アンサンブルに!冒頭のソロを格好よくキメて!

作曲者:G.ガーシュウィン (G.Gershwin)
編曲:伊藤康英(Ito Yasuhide)
演奏時間:5分(約)
グレード:4
編成:金管8重奏
演奏最少人数:8人
Trp.最高音:1st:↑B♭、2nd:↑A
販売形態:販売楽譜(スコア+パート譜)
楽器編成
Trp.2 / Hrn.2 / Trb.2 / Euph. / Tuba
♪参考音源♪
--
♪楽曲解説♪

1924年正月、ガーシュウィンはわが目を疑った。新聞記事に「ガーシュウィン、新作のピアノ協奏曲を作曲中」とあったからだ。頼まれた覚えはないし、今はミュージカルの作曲に忙しい。

これは、委嘱者であるポール・ホワイトマン・バンドが仕掛けたものだった。

オーケストレイションをホワイトマン・バンドの座付作曲家であるグローフェに依頼して、2月に初演されたのがこの「ラプソディ・イン・ブルー」。実はタイトルも、もともとは(ピアノの鍵盤になぞらえて)「白と黒のラプソディ」と考えていたのだが、ガーシュウィンの兄で作詞家のアイラがこの曲を聴き「ブルーがよい」と提案して付けられたタイトル。

ピアノとジャズ・バンドのためのこの曲を、金管8重奏で楽しめるようにしたのがこのアレンジである。もともとは15分以上かかるのだが、約5分に縮めてある。軽快にリズミカルに楽しんでみよう。(伊藤康英)

チェックしたアイテム